種々雑多な独り言

趣味や興味のあることの種々雑多な独り言。

新生活でひとり暮らしが始まる方におすすめするマルチビタミン&ミネラル&アミノ酸

かれこれ30数年前の今日受験した時から今までの人生が決まったような気もします。

前日に北陸地方は大雪でかなり積もった雪の中、ホテルから出て数人で同乗したタクシーは固まった雪道を走行して大揺れしていたことを今でも覚えています。

高校3年くらいから実家を出てひとり暮らしをしたいと思っていて早めに志望校は地方都市にある大学に決めていました。

それからはずっとひとり暮らしが続いていて、今から思うと大胆な決断をしていたなあと思います。

 

新生活でひとり暮らしが始まるとこれまでとは違って親がしていた家事はすべて自分でしないといけません。

洗濯や掃除はしなくても生きていけるけれど、食事だけは実家にいるときとは明らかに異なってきます。

ひとり暮らしを始めた最初の頃は自分で買い物に行って好きなものを調理して食べることも楽しかったですが、授業や部活などに忙しくなると自炊はおろそかになってきました。

1日1食や食べないことも多かったですが、やはり当時の体調やメンタルは今とは違って荒れていたように思います。

 

実家にいるときからよく飲んでいた総合ビタミン剤をひとり暮らしを始めてからも続けるようになりました。

当時は、ビタミンのみが含まれているものを飲んでましたが、ここ10年くらいはマルチビタミン&ミネラル、アミノ酸が含まれているものを飲むようになりました。

ここ最近ずっと続けているのが、

 

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル 300粒 (100日分)

新品価格
¥1,429から
(2024/2/25 13:08時点)

100日分で1日換算では22円相当。

食事にかかるお金に比べたら安く、食事だけで体調を整えるよりはメリットが大きいと思っています。

 

 

 

含有しているそれぞれの成分について、ChatGPTに聞いてみました。

 

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラルは、様々な栄養素が含まれています。以下に、一般的な栄養素とその働きをいくつか挙げてみますが、製品の具体的な成分リストに基づいていないため、製品の成分表を確認することが重要です。

 

1. ビタミンA: 視力や免疫機能の維持、皮膚や粘膜の健康維持に必要です。
  
2. ビタミンC: 免疫機能のサポート、抗酸化作用、コラーゲンの生成などに関与します。

3. ビタミンD: カルシウム吸収の促進、骨や筋肉の健康維持、免疫機能の調整などに役立ちます。

4. ビタミンE: 抗酸化作用があり、細胞を酸化ストレスから保護し、皮膚や血管の健康をサポートします。

5. ビタミンB群: エネルギー代謝に関与し、神経系の機能をサポートします。例えば、ビタミンB12は赤血球の形成や神経系の正常な機能に重要です。

6. ミネラル(亜鉛、鉄、マグネシウムなど): これらのミネラルは体内の様々な生化学的反応に必要であり、鉄は血液中の酸素運搬に不可欠ですし、亜鉛は免疫機能や細胞分裂に関与します。マグネシウムは骨の健康や神経・筋肉の機能に必要です。

7. アミノ酸: これらはタンパク質の構成要素であり、体内の様々な機能に関与します。たとえば、アミノ酸は筋肉の修復や再生に必要です。

 

以上が一般的な栄養素の一部ですが、ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラルに含まれる具体的な成分については、製品のラベルや成分表を確認することが重要です。

 

体が正常に働くにはビタミン、ミネラル、アミノ酸が必要です。

 

最近仕事でメンタル系の薬を取り扱うことがあるのですが、心療内科でも結構ビタミン剤が処方されています。

今後は保険での処方は少なくなってくると思うのですが、メンタル不調を来さないためにもビタミンの摂取は重要であると思います。

また、アミノ酸も神経伝達物質に重要な働きをするので、筋肉の修復や再生だけではなくて脳内の働きを主るために重要です。

 

アミノ酸のそれぞれの働きについてもChatGPTに聞いてみました。

 

グリシンは、体内で重要な役割を果たすアミノ酸の一つです。以下に、グリシンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. 神経伝達物質の合成: グリシンは中枢神経系での神経伝達物質であり、脳や脊髄での信号伝達に関与しています。特に、グリシンは興奮性神経伝達物質の働きを抑制することで、神経系のバランスを維持する役割を果たします。

2. 抗酸化作用: グリシンは抗酸化物質としての働きもあります。酸化ストレスから細胞を保護し、細胞の健康を維持するのに役立ちます。

3. コラーゲンの合成: グリシンはコラーゲンの主要な構成要素の一つです。コラーゲンは皮膚、軟骨、骨などの組織の強度と柔軟性を提供するため、グリシンはこれらの組織の健康維持に不可欠です。

4. 筋肉の保護: グリシンは筋肉の修復や保護にも関与します。特に、運動後の筋肉の修復プロセスに必要な栄養素として役立ちます。

5. 睡眠の改善: グリシンは安眠や睡眠の質を改善するという研究もあります。グリシンは一部の人々にとって、睡眠の導入をサポートすることが示されています。

これらは一般的なグリシンの働きの一部ですが、個々の体質や状況によって異なる場合があります。特に、サプリメントとしてのグリシンの摂取に関しては、個々の健康状態や医師の指示に基づいて摂取することが重要です。

 

アラニンは、体内で重要な役割を果たすアミノ酸の一つです。以下に、アラニンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. エネルギー供給: アラニンは、糖新生経路において重要な役割を果たします。特に、筋肉組織内でのアミノ酸の分解によって生成されたピルビン酸が、肝臓でグルコース合成に利用される際にアラニンに変換されます。この過程によって、アラニンはエネルギー供給に寄与します。

2. タンパク質の合成: アラニンは、体内でタンパク質を合成する際のアミノ酸の一つです。特に、タンパク質合成の際に必要なアミノ酸供給源として役立ちます。

3. 免疫機能のサポート: アラニンは、免疫細胞のエネルギー供給にも関与します。免疫応答時に活発化する細胞はエネルギーを必要とするため、アラニンの供給は免疫機能の維持に役立ちます。

4. 筋肉の保護: アラニンは、筋肉組織の主要な成分の一つです。特に、筋肉を構成するアミノ酸の中でも重要な位置を占めています。また、運動によるストレスや筋肉の損傷時に、アラニンは筋肉の修復や再生を支援します。

5. 糖代謝の調節: アラニンは、血糖値の調節に関与します。糖新生経路でのアラニンの利用は、血糖値の維持に寄与します。

これらはアラニンの主な働きの一部ですが、体内でのアラニンの役割はさまざまであり、特にエネルギー代謝やタンパク質合成において重要です。

 

リジンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、リジンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. タンパク質合成: リジンは、タンパク質の構成要素の一部として重要です。特に、コラーゲンや筋肉組織などのタンパク質の合成に必要なアミノ酸です。

2. カルシウム吸収の促進: リジンは、カルシウムの吸収を促進する役割を果たします。カルシウムは骨や歯の形成に不可欠であり、リジンは骨の健康維持に寄与します。

3. ウイルス抑制: リジンは、ヘルペスウイルスなどのウイルスの増殖を抑制するとされています。特に、ヘルペス性の口唇炎や性器ヘルペスの治療において、リジンを含むサプリメントが使用されることがあります。

4. コラーゲン合成の促進: リジンは、コラーゲンの合成を促進する働きがあります。コラーゲンは皮膚や結合組織の健康維持に重要であり、リジンはその合成をサポートします。

5. ホルモン合成への関与: リジンは、ホルモンの合成にも関与します。特に成長ホルモンやカルシウム調節ホルモンなどのホルモンの合成に必要なアミノ酸です。

これらはリジンの主な働きの一部ですが、体内でのリジンの役割はさまざまであり、特にタンパク質合成やカルシウム代謝において重要です。

 

ロイシンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、ロイシンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. タンパク質合成: ロイシンは、タンパク質の構成要素として重要な役割を果たします。特に、筋肉組織の合成や修復に必要なアミノ酸の一つです。

2. 筋肉合成の促進: ロイシンは、筋肉タンパク質の合成を促進するとされています。特に、運動後や筋肉のストレスがかかった状況下で、ロイシンは筋肉の修復や成長を支援します。

3. エネルギー供給: ロイシンは、エネルギー代謝にも関与します。特に、糖新生経路において、ロイシンは糖原性アミノ酸の一つとして働き、血糖値の維持に寄与します。

4. 血糖値の調節: ロイシンは、インスリンの分泌を促進し、血糖値の調節に役立ちます。インスリンは血糖値を下げる作用があり、ロイシンはその調節に関与します。

5. 免疫機能のサポート: ロイシンは、免疫細胞の活性化や増殖を促進するとされています。特に、免疫応答時にエネルギーを必要とする細胞にエネルギー供給を支援することで、免疫機能の維持に役立ちます。

これらはロイシンの主な働きの一部ですが、筋肉合成やエネルギー代謝、免疫機能のサポートなど、さまざまな生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

 

フェニルアラニンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、フェニルアラニンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. タンパク質合成: フェニルアラニンは、タンパク質の構成要素として必要なアミノ酸です。タンパク質は、筋肉や臓器、酵素など様々な生体組織の主要な構成成分であり、フェニルアラニンはその合成に必要です。

2. 神経伝達物質の合成: フェニルアラニンは、中枢神経系での神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの合成に関与しています。これらの神経伝達物質は、気分や注意力、ストレス応答などの調節に重要な役割を果たします。

3. ホルモン合成への関与: フェニルアラニンは、甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンの合成にも関与します。これらのホルモンは、代謝やストレス応答、免疫機能の調節などに影響を与えます。

4. 抗酸化作用: フェニルアラニンには抗酸化作用があり、活性酸素種による細胞の酸化ストレスから身体を守る働きがあります。

5. アミノ酸の代謝: フェニルアラニンは、体内で他のアミノ酸や生体分子への変換にも関与しています。例えば、チロシンやチロシンから生成される脳内モノアミンの一種であるチロシンは、フェニルアラニンからの代謝生成物です。

これらはフェニルアラニンの主な働きの一部ですが、フェニルアラニンは体内で多くの生化学的プロセスに関与し、神経系や代謝、免疫機能などの健康に不可欠な役割を果たしています。

 

メチオニンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、メチオニンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. タンパク質合成: メチオニンは、タンパク質の構成要素として必要なアミノ酸です。タンパク質は、筋肉、酵素、ホルモンなど体内のあらゆる機能に関与する分子の基本的な構成要素であり、メチオニンはその合成に必要な栄養素の一つです。

2. メチル基の供給: メチオニンは、メチル基の供給源として重要な役割を果たします。メチオニンはホモシステインという化合物に変換され、その後、ホモシステインからメチル基が転移されることで、メチオニンはメチル化反応に関与します。このプロセスは、DNAやタンパク質のメチル化、神経伝達物質やホルモンの合成など様々な生化学的反応に関与します。

3. 抗酸化作用: メチオニンは、抗酸化物質であるグルタチオンの合成に必要な成分です。グルタチオンは細胞内で活性酸素種を中和し、細胞の酸化ストレスから保護する役割を果たします。

4. 脂肪代謝: メチオニンは、脂肪代謝にも関与します。特に、メチオニンはホモシステインから生成されるS-アデノシルメチオニン(SAM)の合成に必要であり、SAMは脂肪酸代謝に関与します。

5. 解毒: メチオニンは、肝臓での解毒プロセスにも関与します。特に、メチオニンは肝臓でグルタチオンの合成に必要であり、毒素や有害な化合物の代謝と排泄を支援します。

これらはメチオニンの主な働きの一部ですが、体内でのメチオニンの役割はさまざまであり、特にタンパク質合成やメチル化反応、抗酸化作用、脂肪代謝、解毒などにおいて重要です。

 

バリンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、バリンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. 筋肉合成: バリンは、筋肉組織の合成や修復に必要なアミノ酸の一つです。特に、バリンは筋肉タンパク質の合成に関与し、筋肉の成長と修復をサポートします。

2. エネルギー供給: バリンは、エネルギー代謝にも関与します。特に、バリンは糖新生経路において糖原性アミノ酸の一つとして機能し、エネルギーの生産に寄与します。

3. 神経系の機能: バリンは、神経系の機能にも関与します。特に、バリンは神経伝達物質であるグルタミン酸の前駆体として機能し、神経系の正常な機能維持に寄与します。

4. 血糖値の調節: バリンは、インスリンの分泌を促進し、血糖値の調節にも関与します。インスリンは血糖値を下げる作用があり、バリンはその調節に役立ちます。

5. 免疫機能のサポート: バリンは、免疫機能のサポートにも役立ちます。特に、バリンは免疫細胞の機能維持や増殖を促進し、免疫系の健康状態を維持するのに重要です。

これらはバリンの主な働きの一部ですが、筋肉合成、エネルギー供給、神経系の機能、血糖値の調節、免疫機能のサポートなど、さまざまな生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

 

イソロイシンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、イソロイシンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. エネルギー供給: イソロイシンは、筋肉および他の組織においてエネルギー供給のための代謝に重要な役割を果たします。特に、長時間の運動やエネルギー需要が高まった状況下で、イソロイシンはエネルギー源として利用されます。

2. 筋肉合成: イソロイシンは、筋肉組織の合成や修復に必要なアミノ酸の一つです。特に、イソロイシンは筋肉タンパク質の構成要素として重要であり、筋肉の成長と修復をサポートします。

3. 血糖値の調節: イソロイシンは、血糖値の調節にも関与します。特に、イソロイシンはインスリンの分泌を促進し、血糖値の上昇を抑制する働きがあります。

4. 脂肪代謝: イソロイシンは、脂肪代謝にも関与します。特に、イソロイシンは脂肪酸の代謝に関与し、エネルギー生産に利用されます。

5. 免疫機能のサポート: イソロイシンは、免疫機能のサポートにも役立ちます。特に、イソロイシンは免疫細胞の機能維持や増殖を促進し、免疫系の健康状態を維持するのに重要です。

これらはイソロイシンの主な働きの一部ですが、エネルギー供給、筋肉合成、血糖値の調節、脂肪代謝、免疫機能のサポートなど、さまざまな生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

 

ヒスチジンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、ヒスチジンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. ヒストンとDNA結合: ヒスチジンは、ヒストンと呼ばれるタンパク質と結合し、クロマチン構造を形成するDNAと相互作用します。このプロセスにより、DNAが適切に組織化され、遺伝子の発現が調節されます。

2. 金属イオンの結合: ヒスチジンは、金属イオン(特に亜鉛、銅、鉄など)と結合することができます。この性質により、ヒスチジンは金属イオンの輸送や貯蔵、酵素の活性化などの役割を果たします。

3. 酵素の触媒活性: ヒスチジンは、多くの酵素の触媒活性部位に位置し、化学反応の進行に関与します。特に、ヒスチジンは酸塩基触媒の一部として働き、化学反応の速度を向上させます。

4. 神経伝達物質の合成: ヒスチジンは、神経伝達物質であるヒスタミンの前駆体として機能します。ヒスタミンは、神経系や免疫系で様々な生理機能を調節する重要な役割を果たします。

5. 血液中の酸塩基平衡: ヒスチジンは、体液中の酸塩基平衡を維持するバッファーシステムの一部として機能します。特に、ヒスチジンは血液中のpHを安定化する働きを持ちます。

これらはヒスチジンの主な働きの一部ですが、ヒスチジンは体内で様々な生化学的プロセスに関与し、特に酵素活性、金属イオンの結合、神経伝達物質の合成などに重要な役割を果たしています。

 

スレオニンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、スレオニンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. タンパク質合成: スレオニンは、タンパク質の構成要素として必要なアミノ酸です。タンパク質は、筋肉、酵素、ホルモンなど体内のあらゆる機能に関与する分子の基本的な構成要素であり、スレオニンはその合成に必要な栄養素の一つです。

2. グリコーゲン合成: スレオニンは、グリコーゲンの合成にも関与します。グリコーゲンは、エネルギーの貯蔵と供給に重要な役割を果たす多糖であり、スレオニンはグリコーゲンの合成に必要なグリコーゲン合成酵素の基質として機能します。

3. 免疫機能のサポート: スレオニンは、免疫機能のサポートにも役立ちます。特に、スレオニンは抗体の合成やリンパ球の増殖に関与し、免疫系の正常な機能維持に貢献します。

4. 消化器官の健康維持: スレオニンは、消化器官の健康維持にも重要です。特に、スレオニンは腸管粘膜の修復や再生に必要なアミノ酸であり、消化器官の機能をサポートします。

5. 神経伝達物質の合成: 一部の神経伝達物質の合成にスレオニンが関与することが報告されています。たとえば、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質は、スレオニンからの代謝生成物の一つです。

これらはスレオニンの主な働きの一部ですが、体内でのスレオニンの役割は多岐にわたります。特にタンパク質合成やエネルギー代謝、免疫機能のサポート、消化器官の健康維持など、様々な生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

 

プロリンは、体内で重要な役割を果たすアミノ酸の一つです。以下に、プロリンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. 構造的な役割: プロリンはタンパク質中で非常に重要な構造的な役割を果たします。特に、プロリンはタンパク質の二次構造であるβ-シートやタンパク質のターン(曲がり)構造に豊富に見られます。このような構造的な役割により、プロリンはタンパク質の安定性や形状を維持するのに重要です。

2. 結合組織の構成要素: プロリンは、コラーゲンという主要な結合組織の一部としても存在します。コラーゲンは皮膚、軟骨、骨、腱などの結合組織を構成し、体の構造や弾力性を提供するため、プロリンは体の健康と組織の強度と柔軟性に不可欠です。

3. 免疫機能のサポート: プロリンは、免疫系の機能にも関与します。特に、プロリンはリンパ球や抗体の合成に必要なアミノ酸の一つであり、免疫機能の維持に貢献します。

4. 保湿作用: プロリンは、皮膚の保湿作用にも関与します。特に、プロリンは表皮の角質層に存在し、水分を保持し皮膚を柔らかく保つ役割を果たします。

5. ホルモン合成への関与: プロリンは、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンなどのホルモンの合成にも関与します。これらのホルモンは代謝やストレス応答、体温調節などの生理的な機能に重要な役割を果たします。

これらはプロリンの主な働きの一部ですが、体内でのプロリンの役割は多岐にわたります。特に構造的な役割や結合組織の構成要素としての重要性が高く、また免疫機能や皮膚の健康維持にも重要です。

 

トリプトファンは、体内で重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つです。以下に、トリプトファンの主な働きをいくつか挙げてみます。

1. セロトニン合成: トリプトファンは、セロトニンという神経伝達物質の合成に必要な前駆体です。セロトニンは、中枢神経系で重要な役割を果たし、気分の安定や睡眠の調節、食欲の管理などに関与します。したがって、トリプトファンの摂取は、セロトニンの合成に必要不可欠です。

2. メラトニン合成: トリプトファンは、メラトニンというホルモンの合成にも関与します。メラトニンは、体内時計の調節や睡眠のリズムを制御する重要なホルモンであり、トリプトファンからの代謝生成物の一つです。

3. ニコチンアミド(ビタミンB3)合成: トリプトファンは、体内でニコチンアミド(ビタミンB3)に変換される経路の一部を提供します。ビタミンB3は、エネルギー代謝や細胞の修復、神経系の正常な機能などに必要な栄養素です。

4. セロトニンの消費: セロトニンは、食欲の抑制や睡眠の促進などに関与しますが、一部はトリプトファンとして体外へ排出されます。このため、トリプトファンの摂取は、セロトニンの合成と消費のバランスを保つのに重要です。

5. 免疫機能のサポート: トリプトファンは、免疫細胞の活性化や増殖にも関与します。特に、トリプトファンは免疫系のT細胞にエネルギー供給を支援し、免疫機能の正常な維持に寄与します。

これらはトリプトファンの主な働きの一部ですが、セロトニンやメラトニンの合成、ビタミンB3の代謝、免疫機能のサポートなど、体内でさまざまな生理学的プロセスにおいて重要な役割を果たします。

 

現代社会に一番必要だなあと思っているのが最後のトリプトファンです。

セロトニンの前駆体でセロトニンは気分の安定や睡眠の調節、食欲の管理などに関与しているので、セロトニンの働きが重要だと思っています。

 

トリプトファンを多く含む食品は、たんぱく質の豊富な食品が主になります。以下に、トリプトファンを多く含む代表的な食品をいくつか挙げます。

1. 肉類: 牛肉、鶏肉、豚肉などの畜肉類には、トリプトファンが豊富に含まれています。

2. 魚介類: サーモン、マグロ、鱈、イワシなどの魚介類もトリプトファンを多く含んでいます。

3. 乳製品: 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品にもトリプトファンが含まれています。特に、チーズはトリプトファンが比較的多く含まれています。

4. : 卵もトリプトファンを含む良い食品です。

5. 大豆製品: 豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品にもトリプトファンが含まれています。

6. ナッツ類と種子: アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、くるみ、パンプキンシード、チアシードなどのナッツ類や種子もトリプトファンの良い供給源です。

これらの食品をバランスよく摂取することで、トリプトファンを効率的に摂取することができます。ただし、セロトニンを直接的に摂取することはできませんので、トリプトファンはセロトニンの前駆体であることを覚えておくと良いでしょう。

 

普段から好んで食べるものにトリプトファンが多く含まれています。

サプリメントで補っても特に問題はないので、これからもディアナチュラマルチビタミン&ミネラルは欠かさずに飲んでいこうと思っています。

 

体調もメンタルも維持できているのは続けているからかなと思っています。

一人暮らしだと食生活が乱れることも多いですが、必要最小限の栄養素はサプリメントで補給していくことをおすすめします。

 

 

SwitchBotとAlexaでスマートホーム化を進めています。

以前に初めてスマートスピーカーを購入してAlexaを使い始めてから、その日の話題と天気予報を定刻にお知らせするように設定しています。

Amazonからの配達がある時もお知らせが来ますし、定期的に購入しているものがあれば、そろそろカートに入れますか?と聞いてきたりもします。

購入するまではそれほど使わないかなと思ってましたが、今となってはかなり重宝しています。

 

<PR>

Echo Dot with clock (エコードットウィズクロック) 第5世代 - 時計付きスマートスピーカー with Alexa|クラウドブルー

新品価格
¥8,480から
(2024/2/12 18:11時点)

それからすぐにSwitchBotのハブを購入して、赤外線リモコンで作動する家電をAlexaでもSwitchBotアプリからでも操作しようと考えていました。

 

<PR>

SwitchBot スマートリモコン ハブ2 赤外線家電を管理 スマートホーム Alexa スイッチボット 学習リモコン 温湿度計機能付き 光センサー付き リモートボタン スケジュール シーンで家電一括操作 遠隔操作 節電·省エネ Google Home IFTTT Siri SmartThingsに対応 Hub2

新品価格
¥8,230から
(2024/2/12 18:14時点)

元々ある家電のリモコンを認知させてスマホから外出時でも操作ができたら良いなあと思って購入したのですが、反応はしますがエアコンの場合、スイッチのON、OFFはできたのですが送風しか機能しなくて。

シーリングライトもリモコンを認知させたのですが、常夜灯しか反応しなくて。

 

SwitchBotとAlexaに対応をうたっている家電だと問題はなかったと思うのですが、元々あった家電だったので諦めていました。

 

 

 

先日のAmazonタイムセールでSwitchBot製品が5%オフになっていたので、以前からカートに入れっぱなしにしておいたシーリングライトを購入してみました。

 

<PR>

SwitchBot LEDシーリングライト 6畳 Alexa 無段階 調光調色 スイッチボット 天井 照明器具 3500lm リモコン付き ハブ機能付き 電球色 昼白色 昼光色 取付簡単 防虫 防塵 省エネ 節電対策 2.4GHzWi-Fi Bluetoothに対応 5年保証 W2612230

新品価格
¥5,980から
(2024/2/12 18:19時点)

Alexa対応だけならいくつか商品はあるのですが、SwitchBotハブも有効に使おうと思って、SwitchBotのシーリングライトにしました。

当初は寝室に使っていたシーリングライトの代わりにしようと思ってました。

目覚ましタイマーで朝起きたときに照明が付くようにする目的です。

今使っているシーリングライトも目覚ましタイマーがあるものを選んでいました。

目覚まし時計と一緒に明るくなると起きやすくなります。

 

このシーリングライトだけを購入する予定だったのですが、たまたまSwitchBotの人感センサーが目に止まって一緒に購入してしまいました。

 

<PR>

SwitchBot 人感センサー スイッチボット Alexa セキュリティ - Google Home Siri LINE Clovaに対応 スマートホーム 遠隔対応 取付簡単 防犯対策 スマホで確認 アラート機能

新品価格
¥2,780から
(2024/2/12 18:26時点)

 

今の家の動線上、外出時に寝室のライトを消すことが少し不便だなあと思って寝室にシーリングライトを設置する予定でした。

玄関先に人感センサーを置いて玄関から出るときに消灯、帰宅すると点灯するように設定しました。

ただ配達の荷物を受け取るときなども消灯してしまいますが。

 

1日外出時に使ってみて気づいたのは、休みの日には寝室のシーリングライトのオンオフは必要だけど、ほとんどの日は外出することになるので玄関から入ってからすぐの部屋に付け替えた方が良いという結論に至りました。

 

元々は帰宅後に玄関のライトを点灯してから次の部屋のスイッチでライトを点灯する。

その手間を省こうと思いました。

 

人感センサーは動体を検知したらスマホに通知が来ますし、ライトも点灯するので防犯のためにもなります。

動体を検知しないときがあるのですが、急いでいたら外からでもスマホを使って消灯することもできました。

 

シーリングライトはAlexaにも対応しているので、寝室のデスクからでも隣の部屋の電気を消すことができます。

 

とりあえず今のところは人感センサーとAlexaでシーリングライトが操作できたことが良かった点です。

エアコンの遠隔操作は諦めましたが、次はカーテンの開閉をできるようにしようかなと考えています。

 

<PR>

 

「貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ」を読みました

Amazonを眺めていたら書籍紹介が気になったので「貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ」を読んでみました。

以前から衝動買いが多くてどうにかならないかなと思っていたら、この本を読んで確かに「すぐに感情で反応してしまう人」が当たっているなあと最初に思ってしまいました。

明らかに浪費メンタルの持ち主だと思います。

 

お金の使い方は、その人のメンタル、つまり心と連動している。

浪費やムダ遣いをしてしまう傾向になる人は、感情に流されやすく、ストレスを理由に浪費を正当化する、「浪費メンタル」になってしまっている。

 

これを改善していかないといけないと思い、本を読んでから貯金メンタルになるように実行していこうと思いました。

 

<PR>

貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ

新品価格
¥1,509から
(2024/2/8 20:08時点)

著者の節約オタクふゆこさんがYouTubeで発信されていることもまったく知りませんでしたが、読んでいて面白く妙に納得することばかりだったので、あっという間に読み終えました。

 

世間体とかはあまり気にしない方ですが、売れているものや注目されているモノに興味を持ったりするので知らない間に他人軸で衝動的にお金を使っていたような気もします。

 

仕事で疲れて平日休みの時に購入していることが多いのもストレスが影響していたのかもしれません。

そういったメンタル面の改善方法や説明は本書の第1章で書かれています。

 

 

 

収入を増やすことは難しいですが、節約してお金を使わないようにすることは誰でもできます。

 

節約習慣が貯蓄の成果を生み、それが喜びや快感となって節約がどんどん楽しくなる。
これが、著者が皆さんに提唱する「貯金メンタル」

 

自分も以前は奨学金という名の借金はありながらも貯金体質だったのですが、将来的なお金よりも今楽しむためにお金を使おうという考えに変わってしまって。

いろんな本を読んでいるといろんな方と意見としてお金の考え方が変わってきます。

その時の状況や気持ちの変化によって自分の考えも変わります。

 

ただ自分にとって必要なものを購入するときにはお金を貯めておかないとその欲求を満たすことすらできなくなってしまいます。

収入が途絶えたときには最低限3ヶ月分の生活費は確保しておかないといけません。

 

節約をするために必要なツールは家計簿と本書でも書かれています。

家計簿は学生の時からつけていたり、社会人になってもずっと継続していました。

なぜか今は大まかな収入と支出だけを書いたエクセルを使っています。

それほど細かくは書かなくなりました。

その理由としては財布からお金を出すことが少なくなり、スマホ払いを何種類か使っていると正確な家計簿ができなくなってしまったからです。

 

ただこれらの問題がない人は節約したり、自分がどれだけお金を使っているかを知るために家計簿は今からでもつけるべきだと思います。

 

衝動買いを防ぐために本書でも書かれていますが、一旦、お気に入りに入れておいて1週間考えてみる。

本当に必要なら購入する。

 

ただ、Amazonのタイムセールとかは1週間考えていると安くなくなってしまったり、購入できなくなったりするので、本当に欲しいものは事前にメモして購入計画を立てておかないといけないと思います。

そうでないと見た瞬間にカートに入れてしまいがち。

まあこれも販売する側が売れるようにする最良の方法なのかもしれませんが。

 

衝動買いもそうですが、ついで買いが最近多い気がします。

本書でも書かれていますが、スーパーに行ってついでに買っておこうというモノが多くて。

特に仕事帰りに空腹でおかずを買いに行っているので、一番余計な買い物をしてしまう。

まとめて購入しておいて、仕事から帰宅したときでも簡単に作れるものを自炊する方が節約できると思うのとダイエットにも良いと思います。

 

コンビニに行ってしまうと必ずと言っていいほど、スイーツを買ってしまうのでこの対策を考えないといけません。

 

今回本書を読んでみて、固定費も定期的に見直して節約してきましたが、まだできることはやってみようかなと思います。

変動費は間違いなく気にしていかないといけないので、ストレスを溜めないように継続していきたいと思います。

 

「お金の不安を取り除こう」と思うなら、まずは「節約」による支出の引き締めが欠かせませんが、資産形成をブーストアップし、さらなる安心を得るためには「投資」が必要と書かれていて、副業のことや投資に関しても書かれています。

 

投資のところは先にNISAの本を読んだりしたので、流し読みしていますが節約と合わせて投資のことも考えている方はじっくり最後まで読んで下さい。

 

読み終えてからYouTubeのチャンネル登録をしておきました。

本書が書かれたときよりもおそらく10万人くらい登録者が増えているのではないのかなと思いました。

今後はYouTubeを見て気になるところを見ていこうと思います。

 


www.youtube.com

 

<PR>

 

普段使いならミニパソコンで良いような気もする。

昨年末くらいから今のゲーミングパソコンが起動時に異音を発生しだしたので、2024年内にはパソコンの買い換えを考えないといけないなあと思っています。

年初は新しいグラフィックカードが発売されて性能がどんどん進化していき、やっぱり今度もゲーミングパソコンにしておこうかなと思ったり。

ゲームはPS5ですると決めれば、特に高性能なグラフィックカードを積んだゲーミングパソコンにしなくてもいいかなと思ったり。

いろんな所のBTOパソコンを見てはカスタマイズしてどれくらいの価格になるのかを調べたりしています。

 

最低欲しい機能は、10Gbpsの回線に変えたので有線LANアダプターが2.5GBASE-T以上のものにする。

ミドルタワー以上のBTOパソコンだと最近は2.5GBASE-Tを装備しているものは多く。

所によっては、10GBASE-Tアダプターを付けられるものもあります。

 

今のパソコンは無線LANを装備しておらず、Bluetoothも入れてないので、次のパソコンでは入れておこうかなと少しだけ思っています。

 

色々検索しているときに見つけて結構普段使いだけならミニパソコンでも良いんじゃないのかなとも思うようになりました。

 

<PR>

MINISFORUM Venus Series UM790Pro ミニpc AMD Ryzen 9 7940HS DDR5 32GB 1TB PCIe4.0 SSD Windows 11 小型pc Radeon 780M グラフィック RYZEN AI エンジン HDMI×2/USB4x2(PD|8K@60Hz) クワッドディスプレイ出力 2.5Gbps LAN/Wi-Fi6E/BT5.3付きミニパソコン

新品価格
¥104,784から
(2024/2/1 13:38時点)

ノートパソコンを買うよりは安価だと思うのと2.5GBps LANを備えているものも多く。

メモリーもDDR5 32GBや64GBでも10万円台で購入することができます。

映像出力端子もHDMIやDisplayPortを備えているものもあり、USBアダプターもTypeCも付いているので周辺機器を拡張することも可能です。

 

 

 

デスクトップパソコンは最近家庭内ではあまり使われておらず、その理由として場所を取るということみたいです。

それでノートパソコンの方を選ぶ方が多いみたいです。

ミニパソコンにしたらパソコン自体はコンパクトになると思いますが、モニターとキーボードを置くスペースは必要になります。

 

けれど、ゲーミングモニターや目に優しい解像度の高いモニターを選ぶことができるのと好みのキーボードを選ぶこともできます。

 

ただ、マイクロソフトOfficeを追加で購入しないといけないのとDVDを読み込まないといけない時には外付けのものを購入しないといけません。

 

今のパソコンでもDVDを読み込んだのは、3年で数回程度なので次回は要らないのかもしれません。

マイクロソフトOfficeも必要だと思ったけれど、今ふと思ったのはGoogleで代用できそうな気がしてきました。

 

ゲーミングパソコンの値段も3年前に比べたらおそらく同じ性能のものを求めると10万円くらいは高くなっているような気がします。

それでふとコスパを考えるようになったんですよね。

 

今このブログを書きながらでも色々と考えが変わってきて、やっぱり安くサクサク動く家庭で使用するパソコンはミニパソコンで良いかなと。

 

<PR>

MINISFORUM UM690S ミニpc AMD Ryzen 9 6900HX DDR5-4800 32GB 1TB PCIe4.0 SSD Windows 11 HOME小型pc Radeon 680M グラフィック HDMI ×2/USB4 4K@60Hz トリプルディスプレイ出力 2.5Gbps LAN/Wi-Fi6/BT5.2 デュアルファン付いたボトムカバー搭載ミニパソコン

新品価格
¥81,584から
(2024/2/1 14:14時点)

<PR>

MINISFORUM Venus Series NPB6 ミニPC Core i7-13620H DDR5 32GB 1TB SSD Windows 11 HOME MiNipc コンパクトpc インテル UHD Graphics Wi-Fi6 BT5.2 デュアル2500Mbps LAN デスクトップPC HDMI×2 /USB4×2 8K@60Hz4画面出力 デスクトップPC

新品価格
¥83,184から
(2024/2/1 14:15時点)

最初にミニパソコンを見つけたのは、GEEKOMの広告を見て知ったのですが、それから色々見ていると家電量販店でも取り扱いが多かった MINISFORUM製が結構いろんな種類が出ているのと最近機種も投入されていて興味を持つようになりました。

 

最低でも3年使えたら全く問題はないのかなと思っています。

ただ、最近発売されているグラフィックカードの性能を見ていると最新の高性能なものを選んでおいて3年は維持していくというのも捨てきれないです。

高性能なものを選んでいると今後興味を持ったものにも対応できる可能性があるからです。

まあこの3年間もそう思いながら特に何も進めていませんが・・・

 

日本の睡眠時間が短い理由をChatGPTに聞いてみました。

ポケモンスリープでの国別の睡眠時間で日本がワーストの1位となっているニュースを見て、平均睡眠時間で6時間を切っているのはやっぱり短い気がします。

6時間は睡眠時間を確保して欲しいところなんですが、最近いろんな方の本を見ていると7~8時間は寝ていないと頭が働かないというデータもあり、もう少し自分も睡眠時間を取るようにした方が良いかなと思うようになりました。

 

ポケモンスリープ 国別の睡眠時間

 

けど、どうして日本の睡眠時間が短いのか疑問に思ったのでChatGPTに尋ねてみました。

 

日本人の睡眠時間が短いとされる主な理由はいくつかあります。ただし、これは個人差があり、全ての日本人に当てはまるわけではありません。以下は一般的な要因です:

 

1. 働きすぎと労働文化: 日本は長時間労働が一般的であり、仕事が優先される文化が根付いています。過労が睡眠不足を引き起こす可能性があります。

 

週40時間以上の労働時間はOECD加盟国中でも高い方であるそうです。

稼ぎや利益を上げるために労働時間を増やすという考えになってしまいがち。

 

2. 交通時間と通勤: 大都市部では通勤時間が非常に長く、これが睡眠時間を圧迫する要因となっています。通勤時間が長いと、家庭や個人の時間が減少し、十分な睡眠を確保する余裕が失われます。

 

これも仕事と関係する話になってしまいますが、大都市部での家賃が高いから通勤時間が長くなる。

高い家賃を払っても時間を確保して自分の時間や睡眠時間に回すことの重要性は堀江貴文氏のお金の本でも言われていました。

 

3. 学業と受験競争: 学生は長時間勉強に費やし、受験競争が激しいことが一因となっています。学業に追われることで睡眠時間が不足することがあります。

 

ちょうど受験シーズンで睡眠時間を削って勉強をしている方もいらっしゃるかもしれませんが、受験前の1ヶ月くらいは受験の時間に合わせて朝型の生活をして睡眠時間もきっちり取った方が良いと思います。

自分も高校時代は夜型の生活をして、睡眠時間は4,5時間くらいでしたが、受験の前は朝型にシフトして6時間睡眠で臨んでいました。

国家試験を受けるときも朝型にシフトして睡眠時間をきっちり確保していました。

 

4. 社交活動や娯楽の影響: 仕事や学業の他にも、社交活動や娯楽が夜遅くまで続くことが一般的です。これが寝不足の原因となることがあります。

 

これは人間関係にも影響してくるとは思いますが、夜遅くまで続く社交活動は断れば良いと思うんですけど。

娯楽を止めるのは自制心しかないです。

ただどちらにしても自分の睡眠時間を確保することを第一優先にしたら解決すると思います。

 

5. テクノロジーの影響: スマートフォンやパソコンなどのデバイスの普及により、夜更かしや画面時間が増加し、これが睡眠不足につながることがあります。

 

これが一番の理由かなと思ったりしますが、昔は昔で深夜までテレビがやっていて、それをずっと見るから睡眠不足になったり夜型になったりしました。

今では寝る前にタブレットで動画を見てしまうと結構すぐに時間が過ぎることが多いです。

タブレットで読書をしたときには眠たくなりますが。

 

寝室にスマホやタブレット、パソコンを持ち込まないというのが一番の解決法だと思います。

寝る前にスマホの画面を見ると目にもよくないのと睡眠の質に影響することがあるので止めておいた方が良いと思います。

 

これらの要因は、日本の社会構造や文化の特徴に起因しています。一般的に、これらの要因に対処し、健康な睡眠習慣を確立することが重要です。睡眠は健康にとって不可欠な要素であり、十分な休息が身体や精神の健康に寄与します。

 

 

 

学生時代から睡眠時間はレム睡眠とノンレム睡眠の周期となる1.5時間の倍数になるようにしています。

だから6時間睡眠で規則正しい生活をしていると寝起きも良いですし、頭も冴えています。

7時間以上睡眠が必要なときは7時間半眠れるように寝付きます。

おっさんになってからは9時間眠ることができなくなりました。

大学生の時に最長で14時間寝たことはあります。

 

就職したときの研修で聞いたのは、若い人は睡眠時間が必要で、年を追うごとにそれほど睡眠時間は必要ではなくなってくる。

今でもそう思っています。

若い方はできるだけ睡眠時間を重視する生活観を持って欲しいと思います。

 

<PR>