種々雑多な独り言

趣味や興味のあることの種々雑多な独り言。

とろ~りとろける白玉 黒ごま&きな粉を食べてみました。

ローソンに行く前に、ついスイーツの新商品を見てしまって、つい食べてしまいました。

クリーム系の洋菓子が好きでいつも選んでいるのですが、今日は黒ごま&きな粉という文字に惹かれてしまいました。

和菓子でもあんこが苦手なので食べないのですが、ごまたまごとかごま味のお菓子は好きです。

中華のごま団子なら、あんこが入っていても好きです。

f:id:lifelog888:20210214204038j:plain

とろ~りとろける白玉 黒ごま&きなこ

HPの画面を見ていて、白玉となっているけど、どうなってるんだろうという興味で買ってみたのですが、白玉は、あのもちの白玉でした。

 

とろ~りとろけるとなってあったので、もちが溶けてプリンのようになっているのかと思っていたのですが、白玉は白玉でした。。

 

その周りにきな粉クリームが詰められていて、上に黒ごまが乗っているスイーツです。

和菓子ではなく、きな粉クリームが洋菓子のような感じになっています。

f:id:lifelog888:20210214204404j:plain

とろ~りとろける白玉

プリンのように食べたら、白玉をのどに詰まらせることがあるので注意です。

ちゃんと白玉を確認しながら食べましょう。

黒ごまときな粉をたっぷりつけて、白玉を美味しく頂きました。

他の洋菓子よりもカロリーは高めだったのですが、黒ごまときな粉という健康素材が入っているから気にしないことにします。

一応、ダイエット中なので晩ご飯は軽めにしています。

 

 

 

あの時と同じ揺れを感じた昨日の地震

大阪でも昨日の地震はあの時と同じ揺れを感じました。

ゲームをしていて立ち上がったときになんか変だなと思って、ハンガーラックにつるしてあるハンガーがめっちゃ揺れていることに気付きました。

じっとしていると船に乗っているようなゆっくりとした横揺れを感じました。

 

あの時とは、2011年3月11日に起きた東日本大震災。

 

その当時は、大阪で日中立ち仕事をしていたけれど、すぐに揺れを感じました。

どうも子供の頃から自身には過敏に反応するので、他の人よりも早く揺れに気付きます。

 

昨日の地震でもこの横揺れは、少し怖い気がしたので、すぐにネットを見てテレビをつけました。

テレビは必要ないなあと最近思うようになっていましたが、災害時に情報を把握するには必要なアイテム。

本当に被災地にいたら、ラジオが必要かもしれないですが。

東日本大震災と同じ福島沖の地震で津波を警戒しましたが、津波の心配はないと早めに聞けたので安心しました。

 

東日本大震災を目の当たりにしてから続けている習慣は、枕元に懐中電灯を置くことにしています。

日中に大地震が起こるとは限らないのと停電で避難経路がわからなくなる心配もあるので、これだけはどこに引っ越しても続けています。

 

パナソニック LED懐中電灯 乾電池エボルタNEO付 BF-BG44K-W

新品価格
¥845から
(2021/2/14 09:37時点)

時々、ちゃんと付くかの確認もしています。

 

いつ起こるかわからない南海トラフ地震を想定して、防災対策はしておかなければならないと常に思っています。

2018年には、大阪北部地震で初めて震度6以上の揺れを体験しました。

 

その当時は、9階に住んでいて生きた心地がしないほどの揺れを感じました。

1日以上エレベーターが止まってしまって、腰痛を発症したときだったのに階段で上り下りをが苦痛で仕方がなかったです。

 

それからずっとAmazonのセールの時に気にして購入しようと思いながら、まだいいかと思っている、防災セット。

これも大地震に備えて購入しておこうとは思っているのですが、最近では水害の心配もあるので、やっぱり備えておく必要があるなあと思っています。

 

アイリスオーヤマ 【防災士監修】 防災グッズ 防災リュック 防災セット 1人用 20点 エアベッド 携帯用トイレ 給水バッグ 衛生用品 乾電池 止水ファスナー ブラック BRS-20

新品価格
¥9,682から
(2021/2/14 09:45時点)

引越をしても、避難場所の確認や仕事中に避難するときには、どこが高い建物なのかを確認するクセが付いてきました。

災害はいつ来るかは予想できないのでイメージだけをしていて、いざ起こったときには行動できるようにしていきたいと思っています。

それは、仕事でも同じだと思います。

 

 

 

 

エイ出版社が民事再生になっていた。

昨日知りましたが、エイ出版社が民事再生の手続をはじめたそうです。

コロナ禍の影響もあったようですが、出版業界自体ずっと厳しい環境におかれていたと思います。

エイ出版社のムック本は、昔からよく読んでいました。

特に、「趣味の文具箱」は、以前の季刊誌の頃には第1刊から購入していました。

その頃は万年筆がマイブームだったので、たまたま書店で見つけて買い始めました。

そしてある時に、プレミアが付いて5倍の値段で売れたことがあったのを覚えています。

今では、雑誌の定期購読に含まれていることが多くて、これでやっていけるのかなと思っていましたが。

 

その後、文房具のブームが来ていた頃は、ステーショナリーマガジンをすべて購入していました。それもいつの日か発売されなくなって・・・

 

最近では定期購読で読んでいるくらいですが、flick!もエイ出版社の雑誌です。

 

デジモノ超愛用品リモートワークスタイル (エイムック 4642)

新品価格
¥990から
(2021/2/12 00:39時点)

エイムックが気になって、購入する本も以前は結構あって好きな出版社でした。

人気の雑誌などは譲渡先が見つかっているみたいなので、すべてが廃版になるわけではないみたいです。

 

システム手帳Style5 (エイムック 4710)

新品価格
¥1,760から
(2021/2/12 00:44時点)

文房具関連の雑誌は見るたびに購入していた時期がありました。

 

コロナ禍もあるでしょうが、街にある大きな書店に行っても昔ほど混雑はしていないように思えますし、雑誌も外出自粛でよく読まれていると書かれていた記事がありましたが、恐らくほとんどは電子書籍なんじゃないのかなとも思います。

 

自分も紙の書籍よりも電子書籍があれば、そちらを優先するので、そういう時代なんだなあと思います。

 

 

 

Amazonでチョコボールが特選タイムセール中

たまたまAmazonを開けてタイムセールを見たら、懐かしいものが目に入ってきました。

お菓子のチョコボール。

子供の頃によく食べていて、開けると金のエンゼルが出たら、1枚でおもちゃの缶詰がもらえて、銀のエンゼルだと5枚集めておもちゃの缶詰がもらえます。

子供の頃によく集めて、おもちゃの缶詰をもらった記憶はあります。

ただ中に何が入っていたかは、全く記憶には残っていないですが・・・

 

本日の23:59まで特選タイムセール中です。

一番好きなのは、ピーナッツ味。

 

森永製菓 チョコボール<ピーナッツ> 28g×20箱

新品価格
¥1,327から
(2021/2/11 12:05時点)

まとめて口に入れて食べていたような。。

 

他には自分の頃には、キャラメル味しかなかったけれど、イチゴ味とチョコボールラムネというのがあるみたい。

 

森永製菓 チョコボール<キャラメル> 28g×20箱

新品価格
¥1,469から
(2021/2/11 12:07時点)

このキャラメルのせいで、銀歯のコーティングが取れたような気がするなあ。。

 

森永製菓 チョコボール<いちご> 25g×20箱

新品価格
¥1,327から
(2021/2/11 12:07時点)

イチゴ味というのは、子供の頃にはなかったのですが、クランキーチョコみたいで美味しそう。

 

森永製菓 チョコボール&ltがんばるラムネ&gt 25g ×20個

新品価格
¥1,327から
(2021/2/11 12:08時点)

他の製品でもチョコとラムネが入ったものがあるみたいで食べたことはないけど、相性が良いのかな?? 

 

ただこの商品のパッケージを拡大してみてみたら、おもちゃの缶詰の締め切りが2020年になっているので、当たっても応募ができるのかが不明なところ。

ただ懐かしくお菓子を食べるだけなら問題ないですけど。

そしてパッケージをよく見てみるとチョコレートではなくて、準チョコレートというみたいですね。

 

 

 

PCキーボード選びは、お気に入りの文房具を選ぶのと同じだと思った。

ライターの仕事をしているわけではなく、在宅勤務になった訳でもなく、PCゲームをしている訳でもないのですが、ある時にメカニカルキーボードを試してみようと思ったときから、急にお気に入りのキーボード選びが始まりました。

メカニカルキーボードを使うまでは安物のキーボードで良いと思っていましたが、いざ使ってみたら、入力するのが楽しくなるような感覚が出てきました。

 

子供の頃からお気に入りの文房具を探すのが好きで、小学2年生の頃から鉛筆は使わずに、自分のお気に入りのシャープペンシルを使っていました。絵を描くときに鉛筆が必要で持って来ずに怒られた経験もあるくらいです。

 

自分に合ったキーボードを探すようになって思ったことは、文字を書くときにはお気に入りの文房具をよく文房具屋に探しに行っていたことを思い出しました。大人になっても文房具屋さんにはよく行って長居していたこともあります。

 

パソコンで文字を入力することが多くなった今では、PCキーボードを選ぶのは、お気に入りの文房具を選ぶことと同じだと思いました。

 

文房具も色んなメーカーからインクの違いや形状の違いがあったりして、自分のお気に入りを探す楽しみもあります。

PCキーボードも色々調べていくうちに色んなタイプのものがあることを知り、一番自分に合って長く付き合えるものを探していこうと思うようになりました。

 

探す目的は、家での作業で文字を入力することです。

 

初めてメカニカルキーボードを購入したのは、ロジクールG413eSV。

これは、メカニカルゲーミングキーボードとなっていて、PCゲームをするときでも使える。

実際には、普通に文字入力しているときでもいい感触を得たので、ここからメカニカルキーボードに興味を持ちだしました。

 

特に、打鍵音と打鍵感を重視してキーボード選びをするようになりました。

 

ロジクールG413eSVは、ROMER-Gというロジクール製の軸が使われていて、ほぼ茶軸であって、音はそこそこする。キーボードを打つたびにアルミの反響音がするのが特徴。

見た目がかっこよかったので購入したのもあります。

 

Logicool G ゲーミングキーボード G413rSV シルバー メカニカルキーボード タクタイル 日本語配列 USBパススルー G413 国内正規品 2年間メーカー保証

新品価格
¥8,980から
(2021/2/9 14:29時点)

特に問題なく使っていたのですが、また違った感覚のものを探してみたいと思うようになり、家電量販店のサイトでメカニカルキーボードを見ていると新発売になるメカニカルキーボードを見つけてしまい、気になって購入してみることにしました。

 

ダイヤテック Majestouch 2SS Edition Tenkeyless MXスピードシルバー軸

f:id:lifelog888:20210209143445j:plain

Majestouch 2SS Edition Tenkeyless MXスピードシルバー軸 日本語配列 かななし

2021年1月14日に発売で、テンキーがあるものを購入しようと思っていたのですが発売日と同時にお取り寄せになってしまって、予約しておけばよかったかなと思いながら、テンキーレスのものだけが残っていたので購入してみました。

購入してすぐに売り切れになってしまったものです。

f:id:lifelog888:20210209143837j:plain

Majestouch 2SS Edition Tenkeyless MXスピードシルバー軸 日本語配列 かななし

MXスピードシルバー軸は、キーが反応するまでの押し込みが浅い(他のものが2.0mm押し込むのに対して、1.2mmで反応する)というのが特徴。

それで早く反応するから文字を入力するのが早くならないかなあと思ったんです。

実際に使ってみた印象は、反応が速すぎて、誤入力が頻発するという事になりました。

これを使って気付いたことは、適度に反発があって入力感があるものを好むことに気付きました。

 

 

 

そしてようやくですが、実際にキーボードを触りに行ってみて、軸の違いを比べにいこうと思いました。 

コロナ禍で緊急事態宣言が出ていたこともありますが、実際に触ってみて買わないといけないなあと。

そして家電量販店でいろいろ触ってみたら、一番自分に合っていると思ったキーボードがありました。

 

それが、ARCHISS アーキス MaestroFL メカニカル フルキーボード 日本語JIS配列 黒ボディ・グレーキーキャップモデル CHERRY MX クリア軸でした。

キーがしっかりしていて、一番自分の手になじむ感じで打ちやすいと思いました。

ただ商品が売り切れで、ネットでもどこにもおいてありませんでした。

 

家に帰ってクリア軸について調べてみたら、押下圧が65gとなっていて静音性は茶軸と同じ。

展示品を触っていても反発が心地よかったので、やっぱり自分には反発が強いものを好むと思いました。

 

とはいえ購入できないのは残念でしたが、家電量販店には元々目星を付けていたキーボードがあったので、それも実際に触ってみて購入。

 

それが、R2-JP4-BK 東プレ RealForce R2 [リアルフォース 日本語108配列 静電容量無接点方式 かな表記なし]

 

R2-JP4-BK 東プレ RealForce R2 リアルフォース 日本語108配列 静電容量無接点方式 かな表記なし(ブラック)

価格:17,470円
(2021/2/9 15:03時点)
感想(0件)

 

f:id:lifelog888:20210209150828p:plain

R2-JP4-BK 東プレ RealForce R2 リアルフォース 日本語108配列 静電容量無接点方式 かな表記なし

東プレさんのキーボードは昔から高価なキーボードとして知っていました。色々調べていく中で非常に評価が高く、素晴らしいものなんだと思って実際に見て触ってみたところ、高級感があってやっぱり良いもんだなと思いました。

展示品は発売されてから時間が経っていたこともあって、かなり反発が小さくなっていたようにも思えたけれど、実際に今1ヶ月ほど使っていますが、反発も45gあり、適度に打鍵音があります。

しばらくは、これを使っていこうと思いました。

 

以前ならキーボードにこんな高いものはいらないと思っていましたが、文房具で考えてみたら一時期、万年筆に興味を持って使うようになったのですが、それに比べたら実は安いものです。

 

 

 

青軸がずっと気になっていて展示品を触ってみたのですが、思った以上に音が大きい。打鍵感は好きなので、安く売られているもので興味本位でいつか使ってみようかなとは思っています。

 

あとは、アーキスのキーボードが気になるので、新しいものが発売されたら注目しておこうかなと思います。

軸でいうと、黒軸のものも相性が良いように思うので、良さそうなものがあれば一度試してみたいと思っています。